リコネクティブヒーリングそのものとして生活していく。なにをしていても。なにもしなくても。
2016年12月8日のつぶやき
- - -
ハチミツそのもの

IMG_3481.JPG
仲良しの幼馴染からもらったハチミツがあるのです。
オハイオ州に住んで20年。
幼馴染のお家は山の中にあり、そこで養蜂もしていて、その中のクローバーのお花などの蜜から集まったであろうハチミツ。

年に数回、仕事で帰国する際には、いつも会ってお茶かランチ。
前回会った時に、その大切なハチミツを、スーツケースに入れて持ってきてくれたのです。
これは絶対文香に食べてもらわなくちゃ!と。
お休みの日のブランチに、パンに塗って食べた時、なんて幸せなんだろうと感じました。
味ももちろんですが、味以上の何かを感じます。
そして、一枚のパンにたっぷり塗って、それだけで満足、満腹になる。
心がいっぱいになるのです。
それが9月のことだったのですが、先日またお休みの日のブランチに同じように食べた。
そうしたら、また、あの幸せ感、満足満腹感、なんとも言えない心を感じて、
このハチミツは、私にとってのホンモノ。ハチミツそのものの状態なんだと気がつきました。

ああ、この感じ、リコネクティブヒーリングそのもの状態ににている!
先日、馬に会いに行って、その目をジッとみていた時にも、こんな風に感じた。
時間も空間も超えて、ただ在ることを実感している。
一瞬も永遠も、今に在る。

リコネクティブヒーリングそのものの状態は、生活の色んな中に在るんですね。
生活の全てに、みつけることが出来るのです。

 

一瞬で、ゆるむ。幸せ/豊かな心を思い出す。そして依存させることなく共に在る。

あのハチミツも、馬も、リコネクティブヒーリング状態も。
 

ひとりごと comments(2) -
第一回八ヶ岳リコネ部は、至福で満腹の会でした
26日は北杜TianMingTangの近くのイタリアンで、第一回八ヶ岳リコネ部を開いてみました。
当初予定してくれていた数人の方に所用ができ、
松本市にお住いの長いお付き合い旧プラクティショナーKさんと2人、ランチしながらリコネクティブヒーリングのお話でもしましょうかーと話していました。
が、南アルプス市の、今年7月にファンデーショナルプラクティショナーとなられたMさん
そして、福岡県にお住いの、こちらも長いお付き合いのサーティファイドプラクティショナーのKさんが、部活動に参加して下さることになりました。

この日の北杜TianMingTang周辺は、とっても暖かい秋晴れの日。
紅葉も始まっていて、清々しい高原の風も吹いていて。

美味しいランチと、楽しいお話で、笑いと至福、そして満腹のうちにお開きとなり、とっても嬉しい時間を過ごしました。


とはいえ、リコネ部らしく、リコネクティブヒーリング状態を思い出していられるように、注意を向ければいつも共にある周波数に気が付いていられるように、ちょっとした実験/確認もしてみました。

その様子を、少し書いてみますねー、

まず実験の前に、部員全員がそれぞれの首の左右回旋の可動域を観察しておきます。
それから約3分、福岡のKさんが、私たち三人(北杜のイタリアンにいる三人)のうち誰かと繋がります。
誰と繋がるか(遠隔リコネクティブヒーリング状態)、知らないまま、3分間三人は自分自身を観察します。
そして次に、私たち三人がそれぞれ、福岡のKさん、店の中の知らない誰か、どこかにいる繋がりたい人と、3分繋がります。誰と繋がるかは、この時まだ誰も知りません。
全て終わってからそれぞれ全員が、自分自身の首の左右回旋の可動域をチェック。
その後、それぞれに起こったことをシェアしました。

結果は、
・関節の可動域は、それぞれ広がったり、変動があったり、何らかの変化を体感しました。
・福岡のKさんが繋がったのは南アルプス市のMさんでしたが、松本市のKさんも私もそれぞれ周波数を感じレジスターを観察しました。Mさん自身もとてもパワフルな何かを受け取ったそうです。
私は右のほっぺをぐいぐい押されてるみたいな感じでした。
・福岡のKさんは、私たち三人が誰かと繋がっていたその時、やはりハッキリしたレジスターを体感しました。しかし 最後に蓋を開けてみると、福岡のKさんと3分繋がった人はいませんでした。私は一瞬,福岡のKさんを感じたのですが、思い直してお店の店員のお姉さんと繋がってみたのです。

再確認したことは、
・私たちはレストランに、福岡のKさんは会社の昼休み中で、相手と繋がるための遠隔リコネクティブヒーリングにおいて、全員が手を使わなかった。そして、繋がる相手の情報はフルネームではなく、また一度もあったこともない人だった。
と言うことで、遠隔リコネクティブヒーリングにおいても、やはり、相手を感じる事こそが大事なんだという事。相手と1つになる事の感覚。などを再度理解しました。
・福岡のKさんは南アルプス市のMさんと繋がった訳ですが、そこにいる他の2人にも周波数を感じられるなにかが確かにあった。という事で、リコネクティブヒーリング状態で在るということが、その他の誰かにも確実に影響するのだという事。
・いつもリコネクティブ周波数に注意を向けている事。いつもリコネクティブヒーリング状態を思い出せる事。生きていく上での私たちの在り方は、それに尽きる。そんな素敵な美しい状態って他に知らない。

と、こんな風なことを、二時間の部活の中の、10分くらいでやってみました。

ざっと書き出してみましたが、色々なことを再確認し、幸せな気分のままその時間を離れ、その後も、さっきそこにあった気持ち良さの余韻に浸っていました。

第一回八ヶ岳リコネ部、参加して下さった皆様、ありがとうございました😊


IMG_3451.JPG


iPhoneから送信
お知らせ comments(0) -
癒しと憩いのライブラリー 一日館長二度目の研修

IMG_3440.JPG癒しと憩いのライブラリー 一日館長募集中矢印上

4か月ぶりにいってきました。癒しと憩いのライブラリー。

伊豆のサザンクロスリゾート内にある、翻訳家であり鍼灸師でもある上野圭一さんが館長を務める図書館です。

私の大好きな大好きな本 ヒトはイヌとハエにきけ も上野圭一さんが翻訳なさっていて、この本を日本語に訳すように勧めたのはアンドルーワイルさんだそうです。

 

何故ここ伊豆の地で、図書館の 一日館長 をすることなったのか。。。

とても一言では言えない流れですが、とにかくやってみることになったのです。

私の場合遠方なので、天命堂/八ヶ岳リコネ部と同じ、2,3ヶ月に一度のゆるい感じです。

伊豆あたりにお住いの先輩館長さん方は、一ヶ月に二回か三回のシフトのようですが、1人が一ヶ月に一度館長をすれば運営していけるように31人以上の一日館長を募集中のようですよ。

ご興味おありの方は是非ご一緒にいかがでしょうか?私は次は1月中旬くらいに立候補したいと考えています。

 

さて、一回研修を受けた私だけれど、あれから4か月、色々忘れていました。。。

でももう大丈夫!(多分)

次にはしっかりお役目を果たせることでしょう。

お役目といっても、とってもゆったり時間で、図書館自体がすいているので、自分自身もゆったり、ライブラリー内にある本を読んで過ごす時間もあるのです。

昨日は、リサ・ランドールの 異次元は存在する を読みながら。

研修して下さったのは、インテリアデザイナーの草分け的存在Sさん。一緒に研修を受けたのは、何故だか懐かしいMさん(初対面)。

 

そして、私の一日館長の日に合わせて、2007年の日本セミナーでプラクティショナーとなられ、そしてタイトル更新しサーティファイドプラクティショナーとなられた 真鶴の景子さんが会いに来てくれました。

景子さんはワインにも詳しく、こんなサイトをお持ちですよー。→ワイン・ラバーズ・ファクトリー

私も購入しました!開けるのが楽しみ!!!

ここ(癒しと憩いのライブラリー)であっているのが不思議だね、と言い合いながら、でも景子さんの他7月の日本プログラムでタイトル更新なさった薫さん、先日のRCPPで再会したIさんもこの辺りの方々。伊豆でも、集まってリコネクティブヒーリング状態を思い出し確認し合うような会をいつかできたらいいですね。

 

そして今は、北杜TianMingTangへ帰るあずさの中です。

とっても移動時間が長い私。でも、この移動の時間は、楽でゆったりで、でもちょっと冴えていて 、こんな状態の幸せ気分の私はきっと、座席で隣り合った人にも影響するような(リコネクションの本に書いてあるような)リコネクティブ周波数を運ぶリコネクティブ周波数人間として座っているんじゃないかなと想像して楽しい時間を過ごしてるのです。

 

 

 

 

ひとりごと comments(0) -
お元気ですか

IMG_3431.JPGある日の北杜の夕方星北杜は今とっても気持ちいい季節。それなのに九月の長雨の影響で、北杜TianMingTang内の工事が終わっておらず、セッションをお受けしていない状態です。それでもたまに多少の音はきにならない!という方やメンタリングの方がおいでくださいます。この季節の北杜TianMingTangにおいでになりたいとお考えの方は予約フォームよりご連絡下さい

 

たまに訪れる感情があります。

みなさん、お元気ですかー?

 

リコネクションセッションで出会った方々、リコネクティブヒーリングで出会った方々、遠隔セッションで繋がった方々

昔の知り合い、みんなみんな四葉のクローバー

どうしているかなー?という感情が溢れるときがあります。

 

みんなの進化を信頼してる。みんな自身を信頼してる。そういう気持ちを知る前の私は、とっても心配性でした。

あのひとどうしたかな?あのひと大丈夫かな?そんな感じで鍼をしていたころはものすごーく多くの予約があり、だんだん自分のご飯を自分で作ったり選んだりする時間もなくなっていった。

自分自身のバランスがこわれてしまっていたんですね(-_-;)

心配したい私に、心配されたいひとが沢山いた、ということだったんだと感じます。

心配しているということは、私の中の深い深いところで、自分と人を、大丈夫なんだ と信頼していなかったのだと思います。

心配するのが悪いという意味でなく、気にかけて手を差し伸べる状態でいつもあるなら、その時がきたらすぐにそうできるし、普段は深い信頼(自分にも相手にも)のもと、無用に心配し過ぎることはない。

それはとても楽な状態で、いつも今にいることが、いつも自分自身でいることが出来ます。

 

そんな風になっていった私ですが、たまに、みなさんどうしているかしら?という心持にもなります。一回しか会ったことない方も、メールでしかやり取りしてない方も、遠くにすんでる方のことも、覚えていますよ〜^^

そしてたまに心に浮かんできます。

出会ってきたみなさんのことを思いながら、私自身が心が気持ちよく自分に還ることが出来るような動画や写真をFBでシェアしたりしていますよ〜私とあなたにはきっと共通するところがあるはずだからニコニコ

 

今朝は、20年来の友達を急に想い、思わずメールしてみてしまいました。

そしたら、彼女も私を想い、ブログをみてくれたとのこと。

私があなたを感じるとき、きっとあなたも私を思い出したりしてくれている。

あなたが私を感じたら、たぶん私もあなたを考えているんだと、思うのです。

 

 

 

ひとりごと comments(0) -
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< December 2016 >>
PROFILE
fumicafe

Home Page

TianMingTang


Team Heart Works

COMMENT
ARCHIVE
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
リコネクション―人を癒し、自分を癒す
リコネクション―人を癒し、自分を癒す (JUGEMレビュー »)
エリック パール, Eric Pearl, 久美子 フォスター
リコネクション/リコネクティブ・ヒーリングを詳しく知りたい方はこちらをおすすめします
The Reconnection Japan

The Reconnection Japan