リコネクティブヒーリングそのものとして生活していく。なにをしていても。なにもしなくても。
八ヶ岳リコネ部

IMG_3689.JPG
今日は、北杜TianMingTangの近くに在住のお友達とランチでした。
その方は、私が北杜に移住する以前に、知り合いました。私の友達からリコネクションを受け、その友達が私のHPを紹介してくれて、それで私を知ってくれたのです。
北杜TianMingTangでの、仕事が入れば横浜から出向いていた頃のことです。
かなり雪が降った翌朝が仕事の日で、私は小海線の甲斐大泉駅から積もった雪道を除雪車が通ったその上をそろそろ歩いて北杜TianMingTangへと向かっていました。
ついてびっくり、私が家の中に入るまでの道を、誰かが雪掻きしてくれていたのです。
それは今日ランチした友達でした。本当にありがたかったです。
あの時は、移住するなんて考えてなかった。するとしてもずっと先のことだと。
リコネクティブ周波数を運ぶ者同士、本来の自分らしくいられる友達というのはありがたい存在。
楽しい時間はあっと言う間でした。

おもむろにお知らせです。
5/2 火曜日 の13時から、八ヶ岳リコネ部を開催します。

場所は 北杜TianMingTang周辺。
リコネクションのセミナー参加したことのある方。旧プラクティショナーの方ももちろん歓迎です。

先日の天命堂リコネ部で、ペアを組んで周波数を手のひらに感じる という時間を設けました。
いつもどこでも周波数と共に在る私たちですが、セッション以外でも意識的に周波数に注意を向けるということはとても気持ちいいものです。

リコネクティブヒーリングの方程式では、宇宙、クライアント、そしてプラクティショナーがそれぞれの役割を持って参加している訳ですが、
私たちプラクティショナーにとって、クライアントさんの存在はとてもありがたいものです。
何故なら、私たちプラクティショナーに、知っているという状態 を思い出させてくれるから。
そしてクライアントさんも、その状態を体験出来る。もしかしたらハッキリ認識出来ないかも知れませんが、それは必ず起こる。
そして、私たちの内側でその状態を思い出したら、いつかまた忘れてしまっても、そっち側に戻っていこうとする本能が、働き続けているのだと思います。

天命堂リコネ部では、もともと鍼灸院に来てくれていた方々というだけではなく、全員がリコネクティブヒーリングのセミナーに参加した人たちです
全員が 知ってるという状態 を意識的、そして無意識下でも体験しているから、
ペアを組んで周波数を手のひらに感じる、ということを始めるとすぐに、その人たちの全体が『思い出した!』というような状態となりました。
感じたことやレジスターは、みんなそれぞれ。
でも、至福の時間だったことは共通していました。

八ヶ岳リコネ部も、そんな時間を創りたいと思ってます。

参加ご希望の方は、4/23までに御一報下さいますよう、よろしくお願いいたします。
ご予約はこちらから!→  http://reconnect.holy.jp/postmail/postmail.html





iPhoneから送信
お知らせ comments(0) -
ご報告、色々。
IMG_3686.JPG
【北杜TianMingTang再開】

去年からほぼ一年、工事の音や匂いがあったため、リコネクション/リコネクティブヒーリングのセッションをおやすみしていましたが、昨日やっと再開出来る運びとなりました。
気持ちいい季節の再開、嬉しいです!
遠方の方も、この気持ちいい季節を満喫がてら是非足をお運び下さいね。
電車の場合も、小淵沢から小海線に乗り換え、甲斐大泉駅から徒歩で問題ない近さです。
周りはペンションがたくさんありますが、 目と鼻の先にある ペンション風の季 おすすめです。
夜、星を見にいきたい と伝えると、絶景スポットまで連れていってくれるそうですよ〜
甲斐大泉駅近くには、温泉や、お弁当や、パン、野菜や果物を購入出来る パノラマ市場 もあります。

【天命堂リコネ部のこと】

4/15は第三回目の天命堂リコネ部でした。
参加予定の部員が、家族の用事、家業の用事で急にこられなり、4名でのこじんまりした会になりました。

リコネクティブ周波数の中に生きること。
出来事の中に、豊かさ/光 の側面をみつけていくこと。
楽な状態 で、行う。
楽な状況を、創る。
楽な の意味は、怠けている、出来ることをやらない、というような意味ではなく、言葉を変えればリコネクティブヒーリングと言う状態で、行う、リコネクティブヒーリングと言う状態でいられる状況を、創る、の意味。
自分の楽 を意識しながら、ダンスそのものになる練習。
そして、リコネクティブ周波数を、第三者を交えて、ヒーリングの方程式にそれぞれが参加していることを感じる。

そういったことをお話、実技、ダンス と全員でリコネクティブ周波数人間状態で、あっという間の2時間でした。
リコネクティブ周波数人間であることを意識しつつ、ステップを教えてもらい回転まで導いてもらった後は、言うまでもなく、腰の関節の可動域は広がっていました。気持ちいい〜と言い合いました。

次は7月の予定です。

【クリデンシャリングのこと】

リコネクション・サーティファイド・プラクティショナー というタイトルができる以前、旧プラクティショナーだった皆さんの、二度目の更新時期となりました。

リコネクションセッションの運びを身体で覚えていて、しかも周波数も感じている。
とっても大事なこと。
それに加えて、自分の手のひらの中心が、感じるべきクライアントの上のポイントやラインを、しっかり捉えていますか?

利き手で一本の線を描く時、さっと描けるしあまり意識しないで無意識に描く場合が多いと思いますが、利き手じゃない方で描いてみると、とてもゆっくり、そして線を意識して描く、線と描く自分の間に隙間が無いような感覚があります。
リコネクションセッション。慣れてしまって知らず知らず、ここいら辺!と雰囲気で行うようになってきている自分に気がつけたら、利き手でない方の手で練習してみると、正確なポイント、ラインをもう一度確認したくなるかも知れません。

クリデンシャリングの前に練習なさるなら、クライアントのどこを自分の手のひらの中心が捉えているのか、今一度ゆっくりじっくり分かりながら、練習なさってみてください。
思いの外、ズレていることに気がつくかも知れません。
一生に一回のリコネクション。自分から受けたい、と思える自分として、おいでくださる方と一体になることを意識し直すちょうどいい時期が、2年に一回なのかも知れません。

5月には、2年前にも呼んでいただいた、東淀川の毎野さんのセッションルームにてクリデンシャリングをさせて頂く予定です。

2年って経つのが早いですねーそして、内容も濃かった!
懐かしい皆さんとお会い出来ますこと楽しみです!
もちろん、青葉台/北杜TianMingTangでもクリデンシャリング可能ですよ〜
お知らせ comments(0) -
世田谷線にのって、行ってきました

IMG_3660.JPG

昨日は、三軒茶屋から世田谷線にのりました。
私は大学時代桜新町に通っていました。それにもかかわらず、一回も乗ったことがなかった世田谷線。
春の陽気で、路線の周りはお花が沢山咲いていて、なんだか昔懐かしい気持ちにもなり、世田谷線が大好きになりました。
昨日は、前回のブログで書きました先月亡くなったNちゃんのお宅にお線香をあげにいかせてもらってきたのです。
Nちゃんのお母さんは、一昨昨日まで泣き通しで、先のみえない気持ちでいたそうです。
当然ですよね・・・
ところが、急に、言葉にしがたい感覚の変化が訪れ、Nちゃんとの一体感が深まり、
そして、敏感すぎるがゆえに感じていた見えないものへの恐れが、今は感じられないと教えてくれました。
恐れは愛の不在。
恐れを抱えたまま愛の中に入っていくことが出来る。
そして、
Nちゃんのお母さんの表情が、これまでに知らないほど穏やかでかつ、子供のようなまなざしをしていて、新しく生まれ新しく生きているような印象を受けました。
本当に、この世に生きながらにして死に、そして再生したかのような・・・
私自身、昨日の訪問時は、きっと泣いてしまうだろうと考えていました。
でも、Nちゃんの思い出話をしながら、二人で笑っていました。
Nちゃんが入院したときに、勧めたことがありました。
それは、リコネクションのアソシエートインストラクター 西川ロミさんのブログで知った、ハピネスジャーでした。
与えられたどんな状況の中ででも、幸せの側面、豊かさの種、をみつけていくこと。
宇宙から観れば、出来事は中立なはずだから・・・
それをNちゃんやNちゃんのお母さんに勧めるには、私は少し勇気が必要でした。
でも、二人は早速はじめました。
抗がん剤治療中で退院できなかったピンクが大好きなNちゃんのために、ピンクの紙やリボンをお母さんは用意しました。
毎瞬、出来事の中に、幸せや豊かさに気がつけるようになる事。
暗いトンネルの中を歩いているかのような状況にいる時、それらをみつけながらそれらがある方向に歩いていけば、いずれ光が見えてくる。
昨日、お部屋には、Nちゃんのハピネスジャーがありました。
透明の瓶にいっぱいに、闘病中という状況の中にNちゃんがみつけたハピネスが詰まっていました。
人は死ぬ。
僕たちはそれを乗り越えて生きて行く。
生まれ、そして死んでいくというサイクルの繰り返しは、僕たちの宇宙体験の一部なのだ。
誰かが亡くなるとき、その人が癒されなかったということではない。
その人が楽に移行できるようにしてあげたこと。
あなたの訪問によってその人が安らぎを受けとり、状況を受け入れ、手放すことができたこと、
そして、最後にもう一度微笑み、愛する人に「愛している」と伝える機会を与えてあげたことが、きっとその人にとっての癒しだったのだろう。
だから、解釈したり分析したりしないでほしい。
在るがままでいいのだ。
そしてあなたがヒーリングという贈り物を運んでいることを忘れないでーそれがどんな形をとろうとも。
リコネクション P324 より
ひとりごと comments(0) -
ありがとうの日
IMG_3636.JPG
何をもってヒーリングの成功と言えるのか?患者が車椅子から降りて歩くことによって?
病気が消えてしまうことによって?DNAの再構築と変容によって?
あるいは、生きていることが病気で、死ぬことが癒しなのかもしれない。
リコネクション P231

昨年はなつかしい方々との再会の年だったお話しを色々なひとにさせていただいていますが、昨年10月に再会した22歳の女性とは、何年ぶりだったでしょうか。
その女性Nちゃんは、小学校4年生の時にご両親と共に鍼灸院にきてくれていましたから、・・

昨年10月の再会は、Nちゃんのお母さんからの連絡で実現しました。
昨年春に、Nちゃんは進行性の胃癌であることがわかりました。そして、夏までの間に何回か外科手術をしていて、10月は自宅で静養中でした。
それで、抗がん剤の治療に入る前に会いたいな、というNちゃんの希望で、再会することになったのです。

お母さんからの連絡を受け取る前に私はそのことを知っていました。
Nちゃんの両親は離婚なさっていたのですが、昨年春にお父さんがリコネクションを受けにいらしたその日にNちゃんの病気のことがわかり、セッションの前にお父さんが話してくれていたからです。
私はNちゃんに、遠隔リコネクティブヒーリングをプレゼントすることをお父さんと約束し、実行していました。
それで、Nちゃんがどうしているのか、たまに気になっていたのでした。

すっかり大人になったNちゃんとカフェで色々なお話しをしました。
病気が治ったら、私のしているような仕事につきたいということで、これからの夢の話に花が咲き、あっという間の楽しい時間でした。
私はNちゃんが元気になるに違いないと思っていました、

クリスマスに、Nちゃんからメールがありました。
入院しているということ。
まさかクリスマスに病院にいるとは思いませんでしたよ、早く退院したいです。と書いてありました。

それから色々なことがありました。お母さんがメールをくれていて、お母さんの目でみた病院での日々を聞いていました。
昨日Nちゃんは肉体を脱いで何か月かぶりに楽な状態になったのでした。

Nちゃんが入院していた病院に最後に訪問したのは先週の土曜日でした。
せん妄という状態が始まっていて、鎮静(終末期)をしていました。
私が病院に着いた時、ちょうどトイレに起きたところで、ふらふらしながらもお母さんに介助してもらい自分の足で歩いてトイレにいっていました。
Nちゃんは私の顔を認識して、会いたかったんですよ、と言いました。
ベッドに横になり、私の方に両腕をのばしたので、私はかがんでNちゃんを抱きしめました。Nちゃんは、ありがとうございました と言って私の背中を何度も何度もポンポンと叩き、またなりそうだから(せん妄の状態に)もう帰って欲しいと言いました。
わかったよ、と言って病室をでると、お母さんが追いかけてきました。
もう一度お礼が言いたいと、呼び戻して、と。
それで戻ると、また私の方に両腕をのばしたので、私達はもういちど抱き合いました。
ありがとうございました、ありがとうございました、となんども言ってくれました。
私も、ありがとう、ありがとうと言いました。

Nちゃんとそのお母さんと再びつながりをもったこと。
そのことで私は、自分の中に在るものに気が付かせてもらいました。

これまで、さまざまな奇跡の物語をみせてくれた方々のことを想いだし、そして考えて、もしかしたら主治医によるNちゃんの余命宣告は変更になるんじゃないかという期待が、私の中にあったんですね。
まだ若いNちゃんだから、きっとこの世界で生きる目的があるはずだ、と。
そういうエゴ、方向を変えられるんじゃないかという期待がまだまだあることに、気が付かせてくれました。

そして、エリックさんのお母さんの言葉。
この世で、そしてこの世を超えたところで起こっているすべてのことには、みんなちゃんとした理由があり、完璧に筋が通っているのよ。
と言う言葉。
それについて、私の理解と信頼はとても深まっていると思っていました。
思っていましたが、Nちゃんのせん妄の状態や、病気と呼ばれる状態が根強く存在する現実に、いい悪い の判断をして落ち込んでいる自分に気がついてしまいました。
全ての出来事にちゃんと意味があり完璧に筋が通っていると、思いたい。
思いたい?思えていないから願うということ?そうだったんだ。。。

何かしようとしなくても、気がついていられたら、そこに光が射すよ。
判断や期待が存在していると気がつくだけで、いいんだよ。
そんな風にひとに話していた私です。
私が私に気がつかせる時が来ました。

今朝お母さんからメールを頂戴しました。
昨晩、Nちゃんが近くにいることを感じたので、いるんだね、わかっているよ、と声をかけたこと。
いるってことママにわかるように教えて、というと、ベルガモットという精油の香りが漂い始めたとのこと。
ベルガモットの香りは二人が大好きな香り。
Nちゃんが鎮静により会話が出来なくなってから、ベルガモットの精油をティッシュにつけて鼻の近くに持って行ってあげていたそうです。Nちゃんが香りに反応していることがわかるとお母さんが言っていましたが、昨晩自宅に戻り、Nちゃんの存在に気がついて呼びかけたお母さんの鼻先に、その香りがずっとしていたそうです。

肉体の不在は辛いけれど、共に在るんだ、ということ、また会えること、自分自身の人生を全うすること、そういったことにお母さんは気が付きました。



Nちゃんは中学生になって、ご両親と共にリコネクションのイブニングセミナーにも参加してくれていたことを思い出しました。
私も、人生の目的を、生きていきます。忘れそうになったら思い出して、また進みます。

3/9はサンキューの日。その日が命日となったNちゃん。
私をNちゃんの人生に関わらせてくれて、ありがとう。
私の中の、色々な判断に、気が付かせてくれてありがとう。
私が人生の目的を生きていけるように、見守ってくれることに、ありがとう。

Nちゃんにとっては 、お母さんありがとう と伝えたかった日なのかもしれませんね。

ひとりごと comments(0) -
第2回天命堂リコネ部活動報告です。
IMG_3564.JPG
2017年が始まりました。今年もリコネクティブヒーリングそのものとして、何かしている時も何もしていない時も何をしていても、存在していきたいと思っています。
皆さま、今年もお世話になります。どうぞよろしくお願いいたします。

さて、先週土曜日は、第二回の天命堂リコネ部でした。
天命堂とは私の鍼灸院の名前です。
TianMingTangは、漢字で書くと天命堂なのです。

私がリコネクションと出会う前から、鍼灸院にてご縁ある方々の何人かは、私の在り方の変化を受け入れ共に前進してきてくれました。
そのうち何人かは、リコネクションの日本プログラムに参加してくれて、その哲学に触れ、プログラム終了後もその在り方に触れていたいと願ってくれるようになりました。

それで、鍼灸院に来てくれていてリコネクションプログラムに参加なさった方々を対象に、リコネクティブヒーリングそのものという事はどういう事か?を思い出す目的の部活、天命堂リコネ部が誕生しました。
ちなみに、八ヶ岳リコネ部の活動目的も天命堂リコネ部と同じですが、リコネクションプログラムに参加なさった方ならどなたでも!旧プラクティショナーの方も是非!なクラブ活動です。

天命堂に来院されて、心身の不調があったことで出会った方々は、どうしても身体の状態にフォーカスしがちなところがあり、
リコネクティブヒーリングは不具合を治療するものではないと頭で理解していても、忘れてしまいやすい傾向にありました。
皆で集まると、心身の不調面に話が進むことも。。。
そんな中私の内側で、リコネクティブヒーリングと鍼を持つ時の自分自身のスタンスや在り方が、同じ一つの状態になっていけばいくほど、
目の前に来てくれるひとの口から出る言葉が変化していき、自分自身も楽になり、今していることに対してより深く感謝と幸せを感じるようになって来ていて、それはずっと継続中です。

今回の天命堂リコネ部は、
リコネクティブヒーリングを送る、という言葉を使ってしまう心の中に在るものは?
リコネクティブヒーリングはなにかの症状を改善されることが目的ではないこと
では部員にとってのリコネクティブヒーリングってなんですか?
そんな話を和気藹々語りながら、後半はダンス の時間でした!

ダンスの時間は、MITのよしこさんに誘導をお願いしました。
リコネクティブヒーリングや宇宙の音楽、ダンスそのもの。
宇宙の音楽に合わせて身体を動かすってどんな感じ?ダンスそのものになるって?

MITのよしこさんは、リコネクションを知る前、鍼灸師になる前からの友達です。
いっとき天命堂に来てくれていたこともあり、部員になってくれています。
そこでよしこさんにお願いし、ダンスそのものとなる感じを、垣間見せてもらえないかお願いしたところ快諾してくださったので、みんなで身体を動かしました!

〜そのものになる。
〜に、どんな言葉が入ったとしても、
いい、悪い。あってる間違っている。という考えが入る余地のない状態
時間をわすれている状態
楽しい状態
慣れ親しんだやり方を乗り越えつつある状態
などが共通していると思っていますが、
今回のダンスそのものになってみる経験も、そんな時間を過ごすことが出来ました。
終了時のオマケには、それぞれの腰の関節の可動域が広がっているという経験もしました。

最後に、部員にとって、リコネクティブヒーリングとは?
リコネクティブヒーリングは希望
リコネクティブヒーリングはひととの繋がり
リコネクティブヒーリングとは、生まれつき身体が弱いと信じていた自分の制限を外すこと
リコネクティブヒーリングとは光
リコネクティブヒーリングとは、こうでなければならないということが沢山在る自分を、どれもありな自分にしてくれるもの
どれも素敵な、それぞれの方の体験に基づいた、より深まった理解でした。

今回も、楽しい部活動をありがとうございました。
ひとりごと comments(0) -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
PROFILE
fumicafe

Home Page

TianMingTang


Team Heart Works

COMMENT
ARCHIVE
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
リコネクション―人を癒し、自分を癒す
リコネクション―人を癒し、自分を癒す (JUGEMレビュー »)
エリック パール, Eric Pearl, 久美子 フォスター
リコネクション/リコネクティブ・ヒーリングを詳しく知りたい方はこちらをおすすめします
The Reconnection Japan

The Reconnection Japan