リコネクティブヒーリングそのものとして生活していく。なにをしていても。なにもしなくても。
2016年06月25日のつぶやき
09:54
医療従事者として考える、リコネクションの大切さ https://t.co/3vEbO8hddd #jugem_blog
- - -
医療従事者として考える、リコネクションの大切さ
最近の鍼の患者さんから、
予約しようと思ったけど、ブログをひらいたら気持ちが楽になった
メールでやり取りしているうちに、このままで大丈夫だと思った
と言って頂けることが増えて、とても嬉しく思っています。
まさに、そうなっていく日がくることを創造していたからです。
きっと、ブログをひらいたり、ちょっとしたやりとりが、自分の本質を思い出しているときの感覚を、思い出すひとつのきっかけになっているのだと思っています。
それでもなお、リコネクションというセッションを続けていく理由を鍼灸院で聞かれましたので、
以下に書いてみました。
宇宙の知性と再結合し、宇宙と調和して生きること。
リコネクションセッションにより、身体の中だけで完結していると思い込んでいる経絡に、宇宙と繋がっていたことを思い出させること。
そのことは、究極の自然治癒力と共にあるということであり、
免疫力は身体が 元々の健康を取り戻す方向に作動し始めてくれる。
だから、不必要な病気の状態は消えていく。
結果として、困っていた身体、心、様々な症状も変化していく。
自分自信の生き方が変化していくから、出会うこと、起こることも変化していくのだ。
自分が観ている世界は、宇宙と調和した世界になっていく。
不足感や恐れを感じる側面ではなく、豊かで満ち足りていいる瞬間瞬間の人生の側面を、見つけることが出来るようになるからだ。
心身の不調をなんとかするというだけでなく、生活のすべてに幸せななにかを発見できる人がこの世に増えていってほしい。
これがリコネクションのセッションをする、目的の一つだと思っている。
今この瞬間だけの幸せの話だけではない。
リコネクションにより、私たち自身が進化し、それが人類全体の進化にも関係している。

そして、私の今回の人生の中で達成されるかどうかはわからないけれど、

・病気そのもになる必要がなくなる
・病気そのものが幻想だと気がつく
・誰もが、訳のわからない病気に怯えることなく生きる
いつかこの世がそういう世界になっていくと本気で思っている。
なにより私自身がそういう世界に生きたい。
このことが、私が、リコネクティブヒーリング的に生きていきたく、リコネクションを提供しつづける理由。
なのです♪
鍼灸・臨床 comments(0) -
7月9日(土)エリックさんとの交流会のお知らせです
7月15日から19日までのリコネクティブ・ヒーリング トレーニングプログラムの前に、
既にファンデーショナル、サーティファイド・プラクティショナーになられているの方と、過去にプラクティショナーになられ、今回のトレーニングプログラムで資格更新をされる方対象に、東京浅草橋にてエリックとの交流会を開催することになりました。

日時:7月9日(土)18時30分〜21時頃まで


難しいことはちょっと脇に置き、リコネクションを通して出会い、新しい意識の流れを共に創りだしている仲間たちが愛でつながっていけるような、そんな場になればいいなと思っています。
エリックも、みなさんとパーソナルなレベルで会えるこの機会を、とっても楽しみにしています!

先月チェコに有志のプラクティショナーたちが集まり創設したリコネクティブヒーリングセンターのことや、(日本でもモデルケースとして参考にできるのではと思います)、プラクティショナーさんたちの活動をサポートするため米国リコネクションが行なっている新しい試み、また周波数の新たな研究の話しなどもしてくれると思います。

エリックの来日後すぐの会ですので、みんなで日本に暖かくウェルカムしてあげられるような会になればいいなと思います。

また、エリックへのメッセージや、このようなことも交流会でしたらいいのではないか?などのアイデアがありましたら、ぜひお寄せくださいね。
(*お申し込み時に、フォームに書き込んで頂けます)

料金につきましては、これから参加希望人数を確認しながらの調整となりますのでご理解頂ければと思います。
現行会場が70名くらいの収容となりますので、先着順となってしまう可能性もあります。こちらもどうぞご了承くださいませ。

お忙しい中ではございますが、みなさんのご参加をお待ちしております。

◆◆◆
(*参加対象は、ファンデーショナルプラクティショナー、サーティファイドプラクティショナーの資格を保持している方、および、2016年7月開催のレベル1&2「タイトル更新の再受講」のお支払いが完了済みの方となります)

日時:2016年7月9日(土)18:30 - 21:00 くらいを予定 

場所:東京・浅草橋/ お申し込み後のお知らせとなります

参加料金:3,000円 から 5,000円 
(* 今回はみなさんの負担ができるだけ少なく、そして多くの方がお集りいただけるように、会場費、通訳、機材使用料などの諸経費を考慮の上設定した金額です。
参加希望者が多ければ料金はお安くなりますが、少なければ多めとなり、その範囲が3,000円から5,000円となります)

お申し込みは下記のフォームよりお願いいたします。

PC用登録フォーム


スマートフォン用登録フォーム



お知らせ comments(0) -
旧プラクティショナーさんたちと
今月12日に行われました、旧プラクティショナーさん達との会においで下さった方々、
どうもありがとうございました。
みなさんの近況や、セッションに対する様々な想い、セッション以外の生活の中での自分自身の在り方、
そして、2014年5月からスタートした新しいプログラムと新しいタイトルについて。
意見交換や情報交換が出来た、真面目あり笑いありの楽しい会になりました。

そっかー。。。と色々思ったり、嬉しいご報告もあったり。
お一人、ファンデーショナルプラクティショナーさんが来てくださいましたが、実際に新しいプログラムを体験した方の体験談は、生き生きとし、聞いていてもワクワクしてきました。
お話を交換し合うということは、それぞれの自分自身にとって大切なことですねー。

リコネクションやリコネクティブヒーリングはやっていきたいけれど、タイトルを更新するつもりはないので、自分自身の責任において自分独自の名称で続けたい、というお気持ちのある方も、これまでお話しさせて頂いた方々の中にはかなりいらっしゃいました。
宇宙の叡智は誰かだけの物ではないと思います。
だから、その選択もありだと、個人的には思ってきました。
自分自身が本当の意味で脇にのいていられるのなら。
いい悪い、あってる間違っているの判断なく本当の意味で観察できる状態で在るのであれば。

その日お話の中で、ルルドの泉のことをお聞きしました。(私はあまり詳しくないのですが、もしルルドの泉についての理解が間違っていたら、申し訳ありません)

誰でもが無償で持ち帰ることができるルルドの泉の水。
リコネクションは54333円という価値があることは理解しているけれど、そのお金を払える人にしかリコネクションを分け与えないのですね?と質問されました。

リコネクションの価値や、リコネクティブヒーリング的な生き方は、
直線的にはとても説明できません。
どこの説明から入っても大きなリコネクティブ周波数の流れに行き着けるように、在り方という基本姿勢があります。

まず
私たちが、リコネクティブ周波数人間で、リコネクティブヒーリング的にいつでも存在していたなら、その状態はきっと、ルルドの泉人間やルルドの泉的に存在していることと、同じことかも知れません。
そうしていられれば、そこに存在しているだけで無償で分け与えているという言葉になるのかも知れません。
ルルドの泉はいついっても、どこをとっても、ルルドの泉そのものでしょう。
でも私たち、リコネクションと関わり、宇宙と繋がり、自分の本質と繋がった人間は、
その状態を日々の出来事の中で忘れてしまうこともあるのです。
だから、リコネクティブ周波数人間であることを、リコネクティブヒーリング的に生きることを、思い出していられる時間がどんどん長くなって行けるように、
一つの道として、プラクティショナーとしてクライアントさまと宇宙と一体になることの出来る機会を与えられ、自分をヒーリングの方程式に招いてくださるクライアントさまに「ここにいるよ」ってわかるように、開いている(実際に開業していることも、心の状態を開いていることも含めて)ことが大切なのだと感じています。
プラクティショナーでなかったとしても、一度セッションにてリコネクティブ周波数と交流したなら、自分自身でその状態を思い出すことが出来ます。
一つの道として、ただ、リコネクティブ周波数に意識を向けること、それだけでいいのです。(わざわざ意識を向けるということは、それまで忘れていたということ。ずっと思い出していられるなら、忘れているかどうかなんて考えていないでしょう)

いついっても、どこをとっても、ルルドの泉がルルドの泉であるように、
私たちが、どこでもいつでも、リコネクティブ周波数人間でいられたなら、あっという間にそれは自分を通じて周囲に広がっていくことでしょう。
地球の裏側まで困っている人を助けにいかなくても、ここにいながらにして、自分自身の宇宙と地球の裏側の人の宇宙とを、宇宙そのものと同じものにしていけることでしょう。

そして54333円という価格は、リコネクションを受けたいと思う方が、このセッションにその金額で想像出来る価値を見出し、自分の意思でこれを今月受けようと準備するお金を、他に使うのではなくそれを優先順位の1番上に選んだ時、リコネクションを受けて宇宙と繋がり自分自身と繋がろう!と決断することになる価格なのだと思っています。(回りくどい言い方しか出来ずごめんなさい)
受けた人だけが宇宙と繋がることが出来るというものではなく、
受けることになっている人は、その人が宇宙と繋がりリコネクティブ周波数人間として存在することで、その人の周囲の人に留まらず、地球全体が繋がっている人だらけのなるために光と情報を放射する暗闇を照らす灯台になります!と、決めてきた方々だと思っています。


私は、本当のことを伝える全ての物の中のひとつ、リコネクティブヒーリングの考え方が大好きです。
私自身を成長させてくれる、大切な在り方。
だから、そう感じている限り、生き方も含めて、リコネクション米国本部の方針を理解し、続けていこうと思います。

リコネクションに出会う前に、本物を伝える別の〇〇ヒーリングと言うものに出会っていれば(そういうものがもしあるなら)、その後にもしリコネクションに出会ったとしても、それをやろうとは思わなかったと感じています。
後に出会ったものが偽物という意味ではなく、最初に出会った本物を深く知りたいし、それだけで充分なのです。

今回の会も、私にとって貴重な体験でした。
旧プラクティショナーさんたちにも、そうでありますように。

ひとりごと comments(0) -
リコネクティブ周波数を感じてみよう
ある日、リコネクションやリコネクティブヒーリングの説明をしていると、だんだん自分がなにを言っているのか、本当に伝えたい事からどんどん遠ざかっているように感じた日がありました。
遠隔でセッションをさせて頂いた後、電話でフィードバックをお聞きしていた時の事です。

言葉で説明するには、私の言葉を使う能力では充分にお伝え出来ない。
10年近くやっていても、これかあ。。。ガックリしましたが、その状態も一瞬のこと。
ガックリな自分をも受け容れる事が出来たら、あとは後ろを振り返らず前進していけます。
(本来の自分を思い出し、宇宙と繋がっているということは、そういうことなのです。)

そこで、
これまで、ほとんどやってこなかったのですが、
これからは、 まずリコネクティブ周波数を体感して頂くようにしようと思いました。
やってこなかったのには理由があります。
リコネクティブヒーリングは本来一瞬にして受け取り、一瞬にして起こるのですから、
試しとか、練習とかって必要かなって思っていたからです。
でも、最近になり、相手が感じた物事に対し、相手の知りたいことからお話するスタイルが、私にとって1番楽で自分に合っていると再確認しました。

またもう一つの理由。
それは、横浜の鍼灸院の裏に住んでいる70代のおじ様が、宇宙につながるってどう言う意味か?と質問してくださったから。
リコネクションを知らなくても、宇宙と再結合することに興味のある方がいらっしゃることに、自分自身の光を思い出す道の新たな通路を見つけたような気持ちがしたのです。
目的地、最適なバランスの本来の自分を思い出す、そこには私がお勧めしたいどの道をいっても必ず到着するはずなのですから。
今週このおじ様にも、リコネクティブ周波数を体感して頂くつもりです。

と言うわけで、、7月の日本プログラムに参加しようかどうか考え中の方〜もし、私のいる所においでになれるようでしたら、是非、リコネクティブ周波数を体感しにいらしてください。1分くらいで完了です。そして、その後どうぞなんでも質問してください。

医療従事者としても、同業者のみなさまに、リコネクティブ周波数を体感してもらう機会を設ける事をお勧めしたいです。
http://www.thereconnection.com/japan/

日本で爆発的にリコネクションブームが巻き起こった2006年当時、リコネクションに関心のある鍼灸師や医師、薬剤師、獣医師、歯科医師、柔道整復師、介護看護のスペシャリスト、多くの方と知り合いました。
でも、その後多くの方が、そこから離れていかれたのには、私なりに思うところがあります。

リコネクティブ周波数を、現代医療と同じ土俵で、同じ物差しで、計っていた、または似て非なるエネルギーワークと比べていたからだと感じています。

治る治らない、で判断していた
リコネクティブヒーリングの回数と値段で、判断していた
在り方を深く理解していなかった
診断、判断をする必要がないことを理解していなかった

という事です。
私は、(私が)治そうと思わない鍼灸師です。
それだけ聞くと、なんといい加減な、と思われそうですが、患者さんの体に聞き、必要な事をした後は、宇宙の叡智と母なる大地に任せていることが、本当に価値のある事だと臨床を通じて深く理解したからです。
もしリコネクティブ周波数を運ぶ医療従事者として活動したいと思われるなら、
今されている仕事を手放す事なく、どの医療従事者の方でも、リコネクティブヒーリング状態で患者さんと一つに なることが可能なのです。

以前エリックが、日本のプログラムの中で 
鍼灸師は、鍼を刺し終わって暇だからといって、患者の上で手をヒラヒラさせないでください、と笑いを交えて言っていたことがあります。
これは、鍼の他に、更にプラスしようとする術者の心の中の、不足感について、言及したのではないかと思っています。
ヒラヒラが悪いのでなく、なぜヒラヒラするのかの心の理由です。
医療従事者であろうと、他のエネルギーワークにリコネクティブヒーリングを足そうとする方にエリックが普段から言っていることと同じように、
不足感や分離感から、リコネクティブヒーリングを足そうとする在り方事態が、宇宙の完全性から少しずつ離れていってしまう可能性があるのだと理解しています。
どうせなら、ちょっとだけ感じてみるのではなく、私も患者さんも共に本当の最適なバランスを受け取りたいと思うのです。
それには、リコネクティブヒーリング的在り方を深く理解していこうとすると同時に、
プログラムでならうリコネクティブ周波数と交流する方法を続けていくことで、その在り方がどんな状態なのかを深いところで理解していくようになると確信しています。



ひとりごと comments(0) -
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< June 2016 >>
PROFILE
fumicafe

Home Page

TianMingTang


Team Heart Works

COMMENT
ARCHIVE
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
リコネクション―人を癒し、自分を癒す
リコネクション―人を癒し、自分を癒す (JUGEMレビュー »)
エリック パール, Eric Pearl, 久美子 フォスター
リコネクション/リコネクティブ・ヒーリングを詳しく知りたい方はこちらをおすすめします
The Reconnection Japan

The Reconnection Japan