リコネクティブヒーリングそのものとして生活していく。なにをしていても。なにもしなくても。
その直向きな姿勢に、学ぶ

お知らせ(^^)12月3日木曜14時半から 稲元美智子さんと合同で技術メンタリングを行う予定ですo(^_^)oご希望ある方ご連絡ください(≧∇≦)

大阪出張から10日も経ってしまいました。

大阪でのメンタリング、そしてクリデンシャリングは、感激の多い時間でした。
大阪メンタリング/クリデンシャリングにおいで下さった皆様、ありがとうございました!
この大阪出張の前に、わざわざ横浜まで技術メンタリングを日帰りで受けに来て下さった方がいました。
その時に頂いた、リコネクションセッションの運びの中での沢山の質問を拝見し、
わあ、このお方は実際に練習して練習して、そこでこんなに質問が出て来たのか〜
と、感心してしまいました。(東京のグループメンタリングでも、同じように練習を重ねた方からの質問を頂き感心しました)
その方がまた大阪グループメンタリングにいらしていて、私が主に担当したベッドで練習なさっていたのですが、その方のみならず全員の方が、リコネクションセッションをとても大切に捉えていらっしゃり、その姿に、心が震えました。

自分の掌がクライアントの何処を捉えているのかをわかっているだけではなく、そこを正確に捉えようとゆっくり確認しながら進んでいきます。

その直向きな姿勢に、私自身が深く学びました。

どれくらい経ったのか、はっと気が付き、その方のリコネクションを観察する場所に戻ってきましたが、ほんとにどれくらい経っていたのか。。。地球時間にしたら、30秒も経たなかったと思いますが、私はその方の直向きさに触れ、深くとても幸せな所に連れていってもらったのだと思います。

10月22日クリデンシャリングが解禁となり、新しくRCPPを受講された方々がメンタリング、クリデンシャリングでおいでになり始めました。
そこで出会った方々(もちろんこれまで出会った方々も)は、こんな風に本当に、リコネクションを大切に思っていることがこちらにも伝わるような方々ばかりで、

私も、心新たに、この道を大切に、生きたいと感じました。
また同時に、感じたことがあります。
セッションの大切な側面ではありますが、
クライアントさまの一見素晴らしい感動体験や、大きなレジスターにばかり、重きを置いている方のお話もお聞きし、少しもったいないように感じました。
リコネクティブヒーリング状態の私たちが相手と宇宙とひとつになるとき、なにか体験したり、レジスターが起きたりすることは多々あります。
うまい表現がみつからないのですが、誤解を覚悟で表現するなら、クライアントさまのレジスターや体験をみて、自分のリコネクションに自信を持ち過ぎている。(いま、100パーセント正確にポイントやラインを理解し、出来ている!と自分にオッケーだせるのは大切だと感じています。それとはちょっと違う気がして。。。)
でも、端からみていたら、ポイントやラインを大切に捉えているようには見えません。
今まだ、折角、リコネクションとリコネクティブヒーリング、と、別のセッションでいるのだから(重なり合うところは多分に在るとしても)
自由にセッションするリコネクティブヒーリングだけでなく、
ポイントやラインを正確に捉えるリコネクションセッション自体を大切に行うことも、私たちの道を行く過程で大切なものに気が付くチャンスをもらっているのだと思うのでした。
 こんな風に言うのは、もちろん自分に対しても言っているのです。不器用で、すぐにいい気になる私にも、いつも、もう一度、思い出させているのです。

以下、ココリラのエリックさんのインタビュー記事から抜粋しました

―― ヒーリングそのものになる、とはどういうことでしょうか?

ヒーリングはそれを「行おう」とするとエゴを増長させてしまいます。そして、扱っているエネルギーやテクニックに注目してしまいます。そのようにテクニックにこだわることでテクニックはマスターできるでしょうが、「ヒーリングそのもの」は決してマスターできません。そして、そのヒーリングはエネルギーを扱うテクニックでしかなくなってしまうでしょう。

しかし、ヒーリングとは本来そのような矮小(わいしょう)なものではありません。リコネクティブ・ヒーリングはエネルギーを超えて、「光」や「情報」といった、より大きなスペクトルにアクセスしていきます。ここでいう「光」とは「意識」をも含むものです。




iPhoneから送信
ひとりごと comments(0) -
comment









CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
PROFILE
fumicafe

Home Page

TianMingTang


Team Heart Works

COMMENT
ARCHIVE
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

「楽な私を思い出す本」
この本は、いつのまにか〈楽じゃない私〉として生きていることに気がつき、そして次第に〈楽な私〉を思い出し始めた私自身の体験をもとに書いた本です。
いま、楽じゃないなあ、と感じているあなたに、是非この本を開いてみてほしいのです。
楽じゃない状態は、硬く閉ざされた扉の雰囲気に似ています。
この本が、あなたという扉を開いて〈楽な私〉がどんな風だったかを思
RECOMMEND
リコネクション―人を癒し、自分を癒す
リコネクション―人を癒し、自分を癒す (JUGEMレビュー »)
エリック パール, Eric Pearl, 久美子 フォスター
リコネクション/リコネクティブ・ヒーリングを詳しく知りたい方はこちらをおすすめします
The Reconnection Japan

The Reconnection Japan