リコネクティブ周波数を感じてみよう

2016.06.08 Wednesday 10:59
0
    ある日、リコネクションやリコネクティブヒーリングの説明をしていると、だんだん自分がなにを言っているのか、本当に伝えたい事からどんどん遠ざかっているように感じた日がありました。
    遠隔でセッションをさせて頂いた後、電話でフィードバックをお聞きしていた時の事です。

    言葉で説明するには、私の言葉を使う能力では充分にお伝え出来ない。
    10年近くやっていても、これかあ。。。ガックリしましたが、その状態も一瞬のこと。
    ガックリな自分をも受け容れる事が出来たら、あとは後ろを振り返らず前進していけます。
    (本来の自分を思い出し、宇宙と繋がっているということは、そういうことなのです。)

    そこで、
    これまで、ほとんどやってこなかったのですが、
    これからは、 まずリコネクティブ周波数を体感して頂くようにしようと思いました。
    やってこなかったのには理由があります。
    リコネクティブヒーリングは本来一瞬にして受け取り、一瞬にして起こるのですから、
    試しとか、練習とかって必要かなって思っていたからです。
    でも、最近になり、相手が感じた物事に対し、相手の知りたいことからお話するスタイルが、私にとって1番楽で自分に合っていると再確認しました。

    またもう一つの理由。
    それは、横浜の鍼灸院の裏に住んでいる70代のおじ様が、宇宙につながるってどう言う意味か?と質問してくださったから。
    リコネクションを知らなくても、宇宙と再結合することに興味のある方がいらっしゃることに、自分自身の光を思い出す道の新たな通路を見つけたような気持ちがしたのです。
    目的地、最適なバランスの本来の自分を思い出す、そこには私がお勧めしたいどの道をいっても必ず到着するはずなのですから。
    今週このおじ様にも、リコネクティブ周波数を体感して頂くつもりです。

    と言うわけで、、7月の日本プログラムに参加しようかどうか考え中の方〜もし、私のいる所においでになれるようでしたら、是非、リコネクティブ周波数を体感しにいらしてください。1分くらいで完了です。そして、その後どうぞなんでも質問してください。

    医療従事者としても、同業者のみなさまに、リコネクティブ周波数を体感してもらう機会を設ける事をお勧めしたいです。
    http://www.thereconnection.com/japan/

    日本で爆発的にリコネクションブームが巻き起こった2006年当時、リコネクションに関心のある鍼灸師や医師、薬剤師、獣医師、歯科医師、柔道整復師、介護看護のスペシャリスト、多くの方と知り合いました。
    でも、その後多くの方が、そこから離れていかれたのには、私なりに思うところがあります。

    リコネクティブ周波数を、現代医療と同じ土俵で、同じ物差しで、計っていた、または似て非なるエネルギーワークと比べていたからだと感じています。

    治る治らない、で判断していた
    リコネクティブヒーリングの回数と値段で、判断していた
    在り方を深く理解していなかった
    診断、判断をする必要がないことを理解していなかった

    という事です。
    私は、(私が)治そうと思わない鍼灸師です。
    それだけ聞くと、なんといい加減な、と思われそうですが、患者さんの体に聞き、必要な事をした後は、宇宙の叡智と母なる大地に任せていることが、本当に価値のある事だと臨床を通じて深く理解したからです。
    もしリコネクティブ周波数を運ぶ医療従事者として活動したいと思われるなら、
    今されている仕事を手放す事なく、どの医療従事者の方でも、リコネクティブヒーリング状態で患者さんと一つに なることが可能なのです。

    以前エリックが、日本のプログラムの中で 
    鍼灸師は、鍼を刺し終わって暇だからといって、患者の上で手をヒラヒラさせないでください、と笑いを交えて言っていたことがあります。
    これは、鍼の他に、更にプラスしようとする術者の心の中の、不足感について、言及したのではないかと思っています。
    ヒラヒラが悪いのでなく、なぜヒラヒラするのかの心の理由です。
    医療従事者であろうと、他のエネルギーワークにリコネクティブヒーリングを足そうとする方にエリックが普段から言っていることと同じように、
    不足感や分離感から、リコネクティブヒーリングを足そうとする在り方事態が、宇宙の完全性から少しずつ離れていってしまう可能性があるのだと理解しています。
    どうせなら、ちょっとだけ感じてみるのではなく、私も患者さんも共に本当の最適なバランスを受け取りたいと思うのです。
    それには、リコネクティブヒーリング的在り方を深く理解していこうとすると同時に、
    プログラムでならうリコネクティブ周波数と交流する方法を続けていくことで、その在り方がどんな状態なのかを深いところで理解していくようになると確信しています。



    category:ひとりごと | by:fumicafecomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    Home Page

    TianMingTang


    Team Heart Works

    fumicafe

    facebook
    リコネクション®ジャパン

    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • 4月6日の桜、咲く(北杜)  〜RHFPP修了書、届いていない方へ〜
      Lance
    • 4月6日の桜、咲く(北杜)  〜RHFPP修了書、届いていない方へ〜
      Margarito
    • 4月6日の桜、咲く(北杜)  〜RHFPP修了書、届いていない方へ〜
      Anthony
    • 4月6日の桜、咲く(北杜)  〜RHFPP修了書、届いていない方へ〜
      Brady
    • 4月6日の桜、咲く(北杜)  〜RHFPP修了書、届いていない方へ〜
      Arlen
    • 4月6日の桜、咲く(北杜)  〜RHFPP修了書、届いていない方へ〜
      Garland
    • 4月6日の桜、咲く(北杜)  〜RHFPP修了書、届いていない方へ〜
      Nicky
    • 4月6日の桜、咲く(北杜)  〜RHFPP修了書、届いていない方へ〜
      Sylvester
    • 4月6日の桜、咲く(北杜)  〜RHFPP修了書、届いていない方へ〜
      Jesus
    • 4月6日の桜、咲く(北杜)  〜RHFPP修了書、届いていない方へ〜
      Jesse
    Recommend
     (JUGEMレビュー »)

    「楽な私を思い出す本」
    この本は、いつのまにか〈楽じゃない私〉として生きていることに気がつき、そして次第に〈楽な私〉を思い出し始めた私自身の体験をもとに書いた本です。
    いま、楽じゃないなあ、と感じているあなたに、是非この本を開いてみてほしいのです。
    楽じゃない状態は、硬く閉ざされた扉の雰囲気に似ています。
    この本が、あなたという扉を開いて〈楽な私〉がどんな風だったかを思
    Recommend
    リコネクション―人を癒し、自分を癒す
    リコネクション―人を癒し、自分を癒す (JUGEMレビュー »)
    エリック パール, Eric Pearl, 久美子 フォスター
    リコネクション/リコネクティブ・ヒーリングを詳しく知りたい方はこちらをおすすめします
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM