旧プラクティショナーさんたちと

2016.06.14 Tuesday 15:00
0
    今月12日に行われました、旧プラクティショナーさん達との会においで下さった方々、
    どうもありがとうございました。
    みなさんの近況や、セッションに対する様々な想い、セッション以外の生活の中での自分自身の在り方、
    そして、2014年5月からスタートした新しいプログラムと新しいタイトルについて。
    意見交換や情報交換が出来た、真面目あり笑いありの楽しい会になりました。

    そっかー。。。と色々思ったり、嬉しいご報告もあったり。
    お一人、ファンデーショナルプラクティショナーさんが来てくださいましたが、実際に新しいプログラムを体験した方の体験談は、生き生きとし、聞いていてもワクワクしてきました。
    お話を交換し合うということは、それぞれの自分自身にとって大切なことですねー。

    リコネクションやリコネクティブヒーリングはやっていきたいけれど、タイトルを更新するつもりはないので、自分自身の責任において自分独自の名称で続けたい、というお気持ちのある方も、これまでお話しさせて頂いた方々の中にはかなりいらっしゃいました。
    宇宙の叡智は誰かだけの物ではないと思います。
    だから、その選択もありだと、個人的には思ってきました。
    自分自身が本当の意味で脇にのいていられるのなら。
    いい悪い、あってる間違っているの判断なく本当の意味で観察できる状態で在るのであれば。

    その日お話の中で、ルルドの泉のことをお聞きしました。(私はあまり詳しくないのですが、もしルルドの泉についての理解が間違っていたら、申し訳ありません)

    誰でもが無償で持ち帰ることができるルルドの泉の水。
    リコネクションは54333円という価値があることは理解しているけれど、そのお金を払える人にしかリコネクションを分け与えないのですね?と質問されました。

    リコネクションの価値や、リコネクティブヒーリング的な生き方は、
    直線的にはとても説明できません。
    どこの説明から入っても大きなリコネクティブ周波数の流れに行き着けるように、在り方という基本姿勢があります。

    まず
    私たちが、リコネクティブ周波数人間で、リコネクティブヒーリング的にいつでも存在していたなら、その状態はきっと、ルルドの泉人間やルルドの泉的に存在していることと、同じことかも知れません。
    そうしていられれば、そこに存在しているだけで無償で分け与えているという言葉になるのかも知れません。
    ルルドの泉はいついっても、どこをとっても、ルルドの泉そのものでしょう。
    でも私たち、リコネクションと関わり、宇宙と繋がり、自分の本質と繋がった人間は、
    その状態を日々の出来事の中で忘れてしまうこともあるのです。
    だから、リコネクティブ周波数人間であることを、リコネクティブヒーリング的に生きることを、思い出していられる時間がどんどん長くなって行けるように、
    一つの道として、プラクティショナーとしてクライアントさまと宇宙と一体になることの出来る機会を与えられ、自分をヒーリングの方程式に招いてくださるクライアントさまに「ここにいるよ」ってわかるように、開いている(実際に開業していることも、心の状態を開いていることも含めて)ことが大切なのだと感じています。
    プラクティショナーでなかったとしても、一度セッションにてリコネクティブ周波数と交流したなら、自分自身でその状態を思い出すことが出来ます。
    一つの道として、ただ、リコネクティブ周波数に意識を向けること、それだけでいいのです。(わざわざ意識を向けるということは、それまで忘れていたということ。ずっと思い出していられるなら、忘れているかどうかなんて考えていないでしょう)

    いついっても、どこをとっても、ルルドの泉がルルドの泉であるように、
    私たちが、どこでもいつでも、リコネクティブ周波数人間でいられたなら、あっという間にそれは自分を通じて周囲に広がっていくことでしょう。
    地球の裏側まで困っている人を助けにいかなくても、ここにいながらにして、自分自身の宇宙と地球の裏側の人の宇宙とを、宇宙そのものと同じものにしていけることでしょう。

    そして54333円という価格は、リコネクションを受けたいと思う方が、このセッションにその金額で想像出来る価値を見出し、自分の意思でこれを今月受けようと準備するお金を、他に使うのではなくそれを優先順位の1番上に選んだ時、リコネクションを受けて宇宙と繋がり自分自身と繋がろう!と決断することになる価格なのだと思っています。(回りくどい言い方しか出来ずごめんなさい)
    受けた人だけが宇宙と繋がることが出来るというものではなく、
    受けることになっている人は、その人が宇宙と繋がりリコネクティブ周波数人間として存在することで、その人の周囲の人に留まらず、地球全体が繋がっている人だらけのなるために光と情報を放射する暗闇を照らす灯台になります!と、決めてきた方々だと思っています。


    私は、本当のことを伝える全ての物の中のひとつ、リコネクティブヒーリングの考え方が大好きです。
    私自身を成長させてくれる、大切な在り方。
    だから、そう感じている限り、生き方も含めて、リコネクション米国本部の方針を理解し、続けていこうと思います。

    リコネクションに出会う前に、本物を伝える別の〇〇ヒーリングと言うものに出会っていれば(そういうものがもしあるなら)、その後にもしリコネクションに出会ったとしても、それをやろうとは思わなかったと感じています。
    後に出会ったものが偽物という意味ではなく、最初に出会った本物を深く知りたいし、それだけで充分なのです。

    今回の会も、私にとって貴重な体験でした。
    旧プラクティショナーさんたちにも、そうでありますように。

    category:ひとりごと | by:fumicafecomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    Home Page

    TianMingTang


    Team Heart Works

    fumicafe

    facebook
    リコネクション®ジャパン

    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • 4月6日の桜、咲く(北杜)  〜RHFPP修了書、届いていない方へ〜
      Lance
    • 4月6日の桜、咲く(北杜)  〜RHFPP修了書、届いていない方へ〜
      Margarito
    • 4月6日の桜、咲く(北杜)  〜RHFPP修了書、届いていない方へ〜
      Anthony
    • 4月6日の桜、咲く(北杜)  〜RHFPP修了書、届いていない方へ〜
      Brady
    • 4月6日の桜、咲く(北杜)  〜RHFPP修了書、届いていない方へ〜
      Arlen
    • 4月6日の桜、咲く(北杜)  〜RHFPP修了書、届いていない方へ〜
      Garland
    • 4月6日の桜、咲く(北杜)  〜RHFPP修了書、届いていない方へ〜
      Nicky
    • 4月6日の桜、咲く(北杜)  〜RHFPP修了書、届いていない方へ〜
      Sylvester
    • 4月6日の桜、咲く(北杜)  〜RHFPP修了書、届いていない方へ〜
      Jesus
    • 4月6日の桜、咲く(北杜)  〜RHFPP修了書、届いていない方へ〜
      Jesse
    Recommend
     (JUGEMレビュー »)

    「楽な私を思い出す本」
    この本は、いつのまにか〈楽じゃない私〉として生きていることに気がつき、そして次第に〈楽な私〉を思い出し始めた私自身の体験をもとに書いた本です。
    いま、楽じゃないなあ、と感じているあなたに、是非この本を開いてみてほしいのです。
    楽じゃない状態は、硬く閉ざされた扉の雰囲気に似ています。
    この本が、あなたという扉を開いて〈楽な私〉がどんな風だったかを思
    Recommend
    リコネクション―人を癒し、自分を癒す
    リコネクション―人を癒し、自分を癒す (JUGEMレビュー »)
    エリック パール, Eric Pearl, 久美子 フォスター
    リコネクション/リコネクティブ・ヒーリングを詳しく知りたい方はこちらをおすすめします
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM