リコネクティブヒーリングそのものとして生活していく。なにをしていても。なにもしなくても。
世田谷線にのって、行ってきました

IMG_3660.JPG

昨日は、三軒茶屋から世田谷線にのりました。
私は大学時代桜新町に通っていました。それにもかかわらず、一回も乗ったことがなかった世田谷線。
春の陽気で、路線の周りはお花が沢山咲いていて、なんだか昔懐かしい気持ちにもなり、世田谷線が大好きになりました。
昨日は、前回のブログで書きました先月亡くなったNちゃんのお宅にお線香をあげにいかせてもらってきたのです。
Nちゃんのお母さんは、一昨昨日まで泣き通しで、先のみえない気持ちでいたそうです。
当然ですよね・・・
ところが、急に、言葉にしがたい感覚の変化が訪れ、Nちゃんとの一体感が深まり、
そして、敏感すぎるがゆえに感じていた見えないものへの恐れが、今は感じられないと教えてくれました。
恐れは愛の不在。
恐れを抱えたまま愛の中に入っていくことが出来る。
そして、
Nちゃんのお母さんの表情が、これまでに知らないほど穏やかでかつ、子供のようなまなざしをしていて、新しく生まれ新しく生きているような印象を受けました。
本当に、この世に生きながらにして死に、そして再生したかのような・・・
私自身、昨日の訪問時は、きっと泣いてしまうだろうと考えていました。
でも、Nちゃんの思い出話をしながら、二人で笑っていました。
Nちゃんが入院したときに、勧めたことがありました。
それは、リコネクションのアソシエートインストラクター 西川ロミさんのブログで知った、ハピネスジャーでした。
与えられたどんな状況の中ででも、幸せの側面、豊かさの種、をみつけていくこと。
宇宙から観れば、出来事は中立なはずだから・・・
それをNちゃんやNちゃんのお母さんに勧めるには、私は少し勇気が必要でした。
でも、二人は早速はじめました。
抗がん剤治療中で退院できなかったピンクが大好きなNちゃんのために、ピンクの紙やリボンをお母さんは用意しました。
毎瞬、出来事の中に、幸せや豊かさに気がつけるようになる事。
暗いトンネルの中を歩いているかのような状況にいる時、それらをみつけながらそれらがある方向に歩いていけば、いずれ光が見えてくる。
昨日、お部屋には、Nちゃんのハピネスジャーがありました。
透明の瓶にいっぱいに、闘病中という状況の中にNちゃんがみつけたハピネスが詰まっていました。
人は死ぬ。
僕たちはそれを乗り越えて生きて行く。
生まれ、そして死んでいくというサイクルの繰り返しは、僕たちの宇宙体験の一部なのだ。
誰かが亡くなるとき、その人が癒されなかったということではない。
その人が楽に移行できるようにしてあげたこと。
あなたの訪問によってその人が安らぎを受けとり、状況を受け入れ、手放すことができたこと、
そして、最後にもう一度微笑み、愛する人に「愛している」と伝える機会を与えてあげたことが、きっとその人にとっての癒しだったのだろう。
だから、解釈したり分析したりしないでほしい。
在るがままでいいのだ。
そしてあなたがヒーリングという贈り物を運んでいることを忘れないでーそれがどんな形をとろうとも。
リコネクション P324 より
ひとりごと comments(0) -
comment









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PROFILE
fumicafe

Home Page

TianMingTang


Team Heart Works

COMMENT
ARCHIVE
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
リコネクション―人を癒し、自分を癒す
リコネクション―人を癒し、自分を癒す (JUGEMレビュー »)
エリック パール, Eric Pearl, 久美子 フォスター
リコネクション/リコネクティブ・ヒーリングを詳しく知りたい方はこちらをおすすめします
The Reconnection Japan

The Reconnection Japan