リコネクティブヒーリングそのものとして生活していく。なにをしていても。なにもしなくても。
世界リコネクティブヒーリング週間
【 Reconnective Healing is to bring myself into a state of ease 】
今年2017年は、12/2〜12/9が世界リコネクティブヒーリングウイーク。
今日がその最終日。
リコネクティブヒーリングの日、とか
リコネクティブヒーリング週間、なんて設定しなくても、どんな時でも、リコネクティブヒーリング状態で在りたいものです。
でも、忘れているからおもいだせるし、なくしたと思い込んでいるから見つけた時、気がついた時の喜びは大きい❣️
私たち全員がこの地球に生まれながらに持ってきている贈り物🎁
宇宙、愛、光、豊かさ、美しさ、真実、、、、リコネクティブヒーリングそのもの。
今日が終わっても、
いつでも、どんな時でも、それに気がつきながら、それと共に生活していけますように。
いつの日か、完全に完全にそれそのものとなった時には、ここにいる必要がなくった時なのかもしれません。
だから、今、気がついていける喜びを日々気がつき、日々体験しながら、共に生きていきたいですね。
star
《幸せ》
同じ毎日はないから、一見面倒な出来事が自分の目の前に来る日もある。
そんな日の中にいても、気がつけるようになった、幸せ。
肩凝ったー!でも、お風呂のお湯がなんと温かく気持ちがいいのか。
傷付いたー!でも、このコーヒーとっても美味しい、ハートに沁みる。
そんな感じ。
そんな感じのその幸せが、私は十分、私を充分、人生の目的を生きていると感じさせてくれる。
私は100パーセントオッケー!大丈夫だ、とわからせてくれる。
そんな幸せに、日々、気がついていけるようになってきました。
star
《判断することなく観察する、という状態》
判断する。いい悪いあってる間違ってる。それをしないって難しい。
判断は、心と身体を持っている限り存在する。
それが存在することを、判断しない。
その存在について色々思う自分を、判断しない。
その存在を、観察する。その存在について色々思う自分を、観察する。
それがどんな感じなのかが、体験出来るようになっている。そのことに気がつけるようになってきたのです。
無意識に何かをさばいている時、きっとあんまり楽しくなかった。
でも、、、
判断が存在していることに気がつく。判断を判断している自分を、観察する。それに気がつける時ちょっと、楽しい😊
star
《内なる平和、という音。心の落ち着き、という色》
内なる平和を感じている時、心の落ち着きを許している時、自分がどんな状態でいるのかを客観的にみることができるようになってきて、
それから、その状態でいる時間が長くなってきた時、その状態でない瞬間に気がつけるようになってきました。
内なる平和。心の落ち着き。私にとってそれは、楽な私 という音と色。
深い森の中の音。夜空の星々の瞬きの音。八ヶ岳を吹く風の色。私のままで大丈夫という信頼の色。
楽じゃなくなっている時にふと気がつく、不安な音、うるさい色。それに気がついた時、
私は、楽な私 を思い出せるようになってきたのです。
この地球で、生きやすくなってきている😊🌏
star
《変わること、に対する気持ちの変化》
私は、変化する、ということをとても寂しがる子供でした。
小学生の時の水泳教室の合宿の解散する日の気持ち。卒業式の時の気持ち。親しい人との別れの時の気持ち。空が夕方に変わっていく時の気持ち。季節が変わる時でさえ、、、
そんな気持ちを感じることが怖くて怖くて、変化する こと自体を恐れていました。
それと同じように、心が揺れる(変化する、移動する)こともとても怖かった。
自分の心が揺れることで波のように広がっていく、誰かの変化が、怖かった。
でも、、、。
宇宙という一つの大きな心から離れてここにきている自分、そしていつか、そこに戻っていく自分の存在自体を信頼できるようになってきてから、変化する ということへの気持ちの変化が起こりました。
変化する ということがこの世で唯一の 変化しないこと であることを理解し、
変化する ということを大きな視点から眺められるようになってきたのです。
変化することへの恐れではなく、変化しながら成長しているという真理の方を、
深く信頼している今の自分に、気がついているのです。
star
《宇宙の音楽隊の一員として》
私が私を心地よく開き、安心して自分の音を奏でている時、宇宙の音楽隊としての自分の役割を生きている。
リコネクティブヒーリングという哲学を知って、私はひとの身体に触るのが好き!ということを思い出しました。
鍼または手で、目の前のひとに触れ、心身という楽器を、緩ませる時間、
私は私を心地よく開き、安心して自分の音を奏でていると感じています。
鍼の先生と患者ではなく、同時に、楽な私 という楽器を奏でる宇宙の音楽隊の一員なんだということを、深い場所で思い出すひと同士。
ひとの身体に触れる時、そんな二人が共に在る、ということに、気がつけるようになったのです。
star
《楽な私として生きていく。何をしていても。何もしていなくても。》
心も、身体も。
環境も、姿勢も。
自分自身が楽な私でいると、自分の周りも同じように楽な私だらけになっていく。
私はこの リコネクティブヒーリング という在り方と出会って、それまでしていた天職だと思っていた仕事を辞めたくなった時期がありました。
この在り方 と、私の仕事の取り組み方 とが ズレているように感じたから。
でも、この在り方 で、 私の仕事、を続けていける道をみつけました。
私は、ひとの身体に触れ、耳を傾け、目の前のひととの共通な何かに気がつき、目の前のひととの境目がなくなったかに思える時間が大好きだったのです。
私が楽。私が幸せ。私が心地いい。私自身が本当に全て癒されていく。本当にそれが起きた時、私が見て、私が観る外側の世界は同じものになっていくのですね😊🌎
star
star
star
西川ロミさんと神戸みゆうさんのオープンハウスは本日午後15時半から!エリックとジリアンの無料ウェブナーは、日本時間では10日の朝2時半。。。
参加できる方は是非^^→コチラ♪
ひとりごと comments(0) -
comment









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
PROFILE
fumicafe

Home Page

TianMingTang


Team Heart Works

COMMENT
ARCHIVE
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

「楽な私を思い出す本」
この本は、いつのまにか〈楽じゃない私〉として生きていることに気がつき、そして次第に〈楽な私〉を思い出し始めた私自身の体験をもとに書いた本です。
いま、楽じゃないなあ、と感じているあなたに、是非この本を開いてみてほしいのです。
楽じゃない状態は、硬く閉ざされた扉の雰囲気に似ています。
この本が、あなたという扉を開いて〈楽な私〉がどんな風だったかを思
RECOMMEND
リコネクション―人を癒し、自分を癒す
リコネクション―人を癒し、自分を癒す (JUGEMレビュー »)
エリック パール, Eric Pearl, 久美子 フォスター
リコネクション/リコネクティブ・ヒーリングを詳しく知りたい方はこちらをおすすめします
The Reconnection Japan

The Reconnection Japan